Le Menu Special de Truffes 2014 後編

トリュフレッスン、後編です。

c0251591_9564251.jpg





前菜は、

カリフラワーのヴェルーテ ポーチドエッグ添え トリュフソース。

c0251591_1019492.jpg


とろとろの卵に、トリュフソースをたっぷりかけて、ぐるぐる混ぜて召し上がっていただきます。
カリフラワーのヴェルーテに添えたカレーオイルも、いいアクセントです。

c0251591_10384476.jpg


次は、こちら。
蓋付きの食器って、なんだかワクワクしますね~

c0251591_10213248.jpg


蓋を開けると・・

c0251591_10282994.jpg


澄んだフォン・ド・ヴォライユに、小さな鶏肉団子とトリュフを入れて、オーブンで温めた一品。
いわば、トリュフの土瓶蒸しです。
テーブルに運んでから蓋を開けると、ふわ~っとトリュフの香りが漂います。
トリュフの香りが移ったスープも、美味です。

c0251591_10295926.jpg


そして、メインはこちら。

c0251591_1039413.jpg


挽肉のパイ包み焼きの中に、ごろっとトリュフを入れました。

c0251591_10434039.jpg


ナイフを入れた途端に、トリュフの香りがはじけます。
サクサクのパイ生地にしっとりしたお肉、そしてそれに包まれたホクホクのトリュフが、もう、堪りません。

この、トリュフのホクホクとした食感は、3ミリの掟・・・をもってしても味わえなくて、やはり、ごろっとトリュフならではです。

そして、最後は、こちら。

c0251591_10511528.jpg


ブリチーズの間に、トリュフを挟みました。

なんてことないものなのですが、ブリーとトリュフが好相性で、毎回、美味しい~、とこちらがびっくりするくらい好評の一品でした。
確かに、これが冷蔵庫に入っていると、幸せかも~

こんな風に、今年のトリュフクラスも無事終えることができました。

今年も沢山の方にいらしていただき、トリュフってこんなに美味しいものなんだぁ~、と言って頂いて、
それが、何より嬉しいことした。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

テーブルに飾った、白蓮のお花。
レッスン中は蕾のままでしたが、
クラスの翌日に、綻びはじめました。。

c0251591_1145287.jpg


レッスンの最終日は大雪になったり、まだまだ寒い日も多いですが、春はもうそこまで来ていますね。
さぁ、今年もレッスン、頑張ります!
by alatable2 | 2014-02-20 11:16
<< A la Table Mars... Le Menu Special... >>